report

Posted:2019.02.16

機材の話。実はこんな事もしています。

yufuin wedding&beppu weddingのシキダです。Instagramやツイッターでも投稿させていただいた下記の内容を少し掘り下げます。

 

—————————

【機材の話。実はこんな事もしています】エレクトロボイス ZXA1-90B。私たちのお手伝いさせていただく結婚式は、レストランや旅館など、音響設備の無いところも多いです。これは結婚式場さんとの違いのひとつでもありますが、そのような場所でも快適に過ごしていただく為のひとつとして、このスピーカーが活躍します。司会者のアナウンス、新郎新婦様をはじめ、あらゆる方のスピーチ、お言葉をみなさんへ届けるために、そして空間に満たされる音楽を慣らすために必要不可欠です。そして会場への運搬と撤収は勿論、どの場所にセットする事がベストか(スピーカー近くの方に出来るだけうるさくなく、且つ遠くの方にも聞こえやすいようにするにはどの場所にセットするべきか)を考えセットします。結婚式が始まれば、音の強弱の操作、バランス取りも欠かせません。ちなみにこのスピーカーは軽量コンパクト(ひとつ8.6kg)なのですが800wの大出力。40名までのパーティーであればこの2発でいけます。結婚式を開催する為に、実はこんな事をしていますというお話でした。今後タイミングをみて他の機材なども紹介できればと思っています。

———–ここまでSNSに掲載————–

ここではその続きとして少しだけ補足を書きたいと思います。

【このスピーカーには電源が必要】

このスピーカー、アンプという駆動部を内蔵しているため、実は電源が必要です。100Vの家庭用電源でもちろんOKですが、この「電源を確保する」事が場合によっては不利に働く場合もあります。まず第一に屋外での使用が制限されます。電源は延長コードでなんとかなっても、雨に弱いのです。これがアンプを内蔵していないタイプですと、電源が不要な為、屋外では大変使いやすくなります。また、基本的に電源を確保するということは、配線が倍になります。コードを捌く労力も倍、きれいにガムテープで貼り付ける作業も倍、準備も片付けもコードの確認が必須、忘れれば鳴らせない!!書いていて気がついましたが、この手のタイプは常設以外だとデメリットの方が多いですね(笑)。メリットはもちろんアンプを別で用意しなくても良いこと。そして、低価格で高音質を提供できる事!!これは大きいです。お客様への還元につながるこの部分のために、このスピーカーは一役買ってくれているわけですね。それではまた!!


資料請求はこちら